女性専用リフレクソロジーサロン~リラクゼーション工房Hana

横浜新子安で「リラクゼーション工房Hana」というリフレクソロジーサロンはじめました! 一人でやっている隠れ家的なお店です。 指名料を払わなくても、毎回わたくしが担当させて頂きます。 他のお客様の話し声などを気にせずリラックスしたい!という方のためのサロンです。https://kobo-hana.jimdo.com

予防ケアのご紹介。 -四十肩・五十肩つづき

こんにちは。

リラクゼーション工房Hanaです。

お元気ですか?

 

昨日書き忘れたことがあったのを思い出しました。

 

四十肩・五十肩はセルフケアが大事と書きました。

 

ケアの方法は、どこが動かしにくいかなどそれぞれの症状によって違いますので、ご来店時のフィードバック時にさせていただこうと考えています。

 

なので、予防のためのケアをご紹介しようと思います。

 

そもそも、デスクワークなど、長時間同じ姿勢のままでいることによる血行不良が元凶。

 

肩甲骨の動きを促進する必要があります。

 

やり方は簡単。

 

まず、両手指先を胸骨に当てます。

胸骨は鎖骨と肋骨の真ん中を縦断する骨です。

 

指を当てたまま、肩や肘を動かします。

 

後ろに動かすときは、少し胸を張るように、前に動かすときは背中を外側にストレッチするようにします。

 

これで肩甲骨を横に動かしていることを意識してみてくださいね。

 

指先はそのまま胸骨に置き、肩を上下させます。

肩甲骨を縦に動かすイメージです。

 

お仕事の合間合間にやってみてくださいね。

 

ここで、一点注意事項です。

 

これは筋トレではありません。

 

なので、ここまでする必要はありません。↓

 

 

あくまでも、

硬い筋肉をほぐして血行を促すことが目的です。

 

なので、あんまり肘を張らないように。

動きは軽く小さく行ってください。

 

肩こりなどで、背中上部の筋肉が硬くなっている場合は、痛める可能性もあります。

 

無理は禁物です。

 

少し物足りないかな? ぐらいの動きで大丈夫です。

 

また、一つの動作を何十秒も行う必要もありません。

 

それよりも頻度をあげた方が効果的です。

 

是非、習慣にして肩回りの血行を促しましょう!

 

では、今日はこの辺で失礼いたします。

明日も笑顔でお過ごしください音譜

 

--------------------------------------------------------★

リラクゼーション工房Hana

住所 横浜市神奈川区子安通3-351-1-905

Mail  hanafuji0213+kobo@gmail.com

電話 050-5582-3985

営業時間 13:00~20:00(最終受付)

定休日   毎週火曜日

HP https://kobo-hana.jimdo.com 

ご予約はメールかコチラ!

★--------------------------------------------------------

年齢関係ありません。- 四十肩・五十肩

こんにちは。

リラクゼーション工房Hanaです。

お元気ですか?

 

先日、告知しました四十肩、五十肩でお困りのための施術を学んで参りました♪

 

結構人知れずお悩みの方いらっしゃるでしょ?

 

 

中には、

 

「腕が上がらないけど、(もう)痛くないから四十肩じゃないもん!!」

(痛い時期はあったと思うのですが・・・)

 

とか

 

「ちょっと痛いけど、腕は上がるもん!! ほらっ!」

 

と、言って無理やり腕を上げて見せたり

(でも耳まで上がっていない・・・)

 

頑ななまでに認めたがらない方もおられます。

 

この呼称のせいなのでしょうか・・・

 

四十肩・五十肩というのは、この世代に多く発症することからこう呼ばれているもので、どちらも同じ病気です。

 

医学的には肩関節周囲炎といいます。

 

急性期は激しい痛みがあり、特に「夜間痛」という就寝時に痛みが出るのが特徴です。

 

急性期を過ぎますと、拘縮期(慢性期)となり、痛みは収まってくるのですが関節の可動域が制限され、腕を動かしにくくなります。

 

個人差はありますが、半年から1年ぐらい続くこともあります。

 

厄介ですね・・・

 

江戸時代の記録にも残されているほど古くからある病気ですが、実は近年ではもっと若い世代、20代や30代でも多く発症しているのですよ~

 

というのは、

 

発症する原因が経過年数によるものだけではないからなのです。

 

まず、この病気を発症しやすい人にはある特徴があります。

 

巻き肩であること。

 

つまり、肩先が内側に向いている人です。

猫背、バッグを肩にかける、スマホやPCを長時間閲覧もしくは操作している------そんな人に多い症状です。

 

自分はどうなんだろう、と思ったアナタ。

 

もう一人お手伝いしてくれる方がいれば、チェックする方法はごく簡単です。

 

まず仰向けに寝たときに、肩が床からどのぐらい浮いているか診てもらいましょう。

指2本分ぐらいの高さが正常。

開き方が大きくなるにつれ巻き肩の要素が強くなります。

 

左右差がある場合は、高く浮いている側がより発症しやすくなります。

 

この時、筋肉に何が起きているのかといいますと、

 

通常よりも背中の筋肉が伸びたままになり、肩甲骨の動きが小さくなります。これにより、肩甲骨周りの筋肉の血行が悪くなり、柔軟性が失われ肩甲骨に癒着してしまいます。

 

逆に胸側の筋肉(大胸筋、小胸筋等)は縮こまったままとなり、こちらも収縮して硬くなります。

 

多分施術で、ブラ紐があたるあたりに圧を入れると激痛なはず。

 

腕を動かすとき、腕と肩甲骨の動きは連動していますが、肩甲骨周りの動きが止まってしまうと、自然、腕だけで動作することになります。

 

このように無理をしつづける状態が続きますと、肩関節に負担させつづけることになり、さらに肩甲骨から肩関節周辺の血行が悪くなり、、結果炎症し痛みが出てくることになります。

 

甚だざっくりとした説明になりましたが、これが四十肩・五十肩の症状になります。

 

血行の停滞って本当にあらゆる病気の元凶ですね。

 

急性期の激しい痛みがあるときは、炎症を起こしていますのでその箇所への施術はできません。

 

この場合は、炎症を抑えるお薬や注射などの「治療」が必要になろうかと思いますので、お医者様へ行きましょう。

 

それと肩に感じる激しい痛みは、他の病気もしくは腱板断裂などの怪我の可能性もありますので、必ずお医者様へ行きましょう。

 

今回は、急性期でお医者様へ行って、リハビリ期限も切れた・・・という拘縮期の施術方法につきまして、みっちり学んできました。

 

ただし、魔法ではありませんので1度の施術で改善することはございません。

 

いくつか段階を踏んでの施術になりますので、まずはしばらく続けていただくことと、並行してセルフケアもきちんとしていただくことが改善への近道です。

 

これらを受けまして・・・

 

四十肩・五十肩でお悩みの方向けに新メニューを考えてみることにしました。

 

まだ企画段階、というより思い付き段階ですので詳細詰めまして・・・なるべく早くご紹介できるようにします。

 

お楽しみに♪

 

ではでは今週もお互い笑顔で頑張りましょう音譜

 

--------------------------------------------------------★

リラクゼーション工房Hana

住所 横浜市神奈川区子安通3-351-1-905

Mail  hanafuji0213+kobo@gmail.com

電話 050-5582-3985

営業時間 13:00~20:00(最終受付)

定休日   毎週火曜日

HP https://kobo-hana.jimdo.com 

ご予約はメールかコチラ!

★--------------------------------------------------------

告知。40肩、50肩でお悩みの方へ朗報。

こんにちは。

リラクゼーション工房Hanaです。

お元気ですか?

 

今週日曜は、終日セミナーに参加するために休業となります。

 

今回は40肩,50肩に特化した改善テクニックを取得してきます。

 

肩が痛くてお困りのお嬢様方にきっと喜んでいただける内容と思います。(ニヤリ)

 

先日の腰痛セミナー内容もおかげさまで好評です! ^^

 

肩こりや肩が痛いほどにこじらせちゃって困っている貴女。

 

楽しみにしていてくださいね~♪

 

取り急ぎ、ご自身でやっていただきたいこととしましては少なくとも2、3日に一度湯舟に浸かってください。

 

それも首まで。

 



半身浴ばかりを励行されている方は多いようなのですが、首まで浸かって肩から上の血の巡りも促進してくださいませ。

 

入浴時間15~20分のうち、

 

全身浴 1 : 半身浴2 

 

ぐらいの割合にしてみてください。

 

肩こりに限らず、健康を保つには全身の血の巡りをよくすることが何より重要です。

 

もちろん男女共通、です。

 

あ、でも

 

42度以上の熱いお湯で長湯は禁物ですよ~ !

 

交感神経が優位になってしまいますので、血管が収縮し却って血行が悪くなってしまいます。

 

せいぜい39~40度前後で行ってください。

 

水分補給も忘れずにキラキラ

 

 

全米オープンテニス終了。

今年のグランドスラムがこれで終わってしまいました~

それにしても今回は新生ラファの圧倒的な強さが浮き彫りになった大会でした。

彼が19歳のころから応援していますが、今年31歳。

いつのまにかベテラン選手に数えられるようになりました。

 

どの世界でもベテランの域に達すると安定志向に走り、プレイスタイルを革新的に変えてみたりなどは中々できないことだと思うのですが、見事な変貌ぶりには驚愕しました。

 

人間、何歳になっても努力次第で変われるのですね。

今回はなんだか学ぶところの多い、感慨深い大会でした。

 

うーむ。 ワタクシも変わらねば。

 

ではでは皆さま今週も後半に差し掛かりました。

残りの2日も笑顔で乗り切りましょう音譜

 

-------------------------------------------------------★

リラクゼーション工房Hana

住所 横浜市神奈川区子安通3-351-1-905

Mail  hanafuji0213+kobo@gmail.com

電話 050-5582-3985

営業時間 13:00~20:00(最終受付)

定休日   毎週火曜日

HP https://kobo-hana.jimdo.com 

ご予約はメールかコチラ!

★--------------------------------------------------------

たちくらみにご注意。

こんにちは。

リラクゼーション工房Hanaです。

お元気ですか?

 

先日フットリフレを受けられたお客様が、施術後にベッドから降りた瞬間、急にしゃがみ込んでしまわれました!

 

どうやら立ち眩みを起こされたようです。

 

実は最近多いのです。

 

その数日前、卒業したリフレスクールのセミナーに参加した際も、実践授業中にしゃがみ込んでしまった人がいました。

 

・・・ワタクシも含めセラピストも自愛が必要ですね・・・

 

幸いいずれもすぐに回復されました。

大事に至らず本当によかったです。

 

 

立ち眩みを起こす原因は様々ありますが、ある程度健康な人に多いのは自律神経失調に起因するものではないかと思います。

 

自律神経失調症とは、時と場合に応じて働かなければならない自律神経の機能が鈍ったり、働きが悪くなることを指しています。

 

自律神経は、血液の流れ、血圧や心拍数、体温などの調節、胃腸の運動などに深く関係しています。

自立神経の働きが弱いと、これらが十分に機能することはできなくなり、これが立ちくらみの原因となります。

 

さて、立ち眩みするけれどわたしもそうなのかしら? というアナタ。

簡単な検査をしてみませんか?

 

自律神経失調症検査

  1. まず、ゆっくりと落ち着いて横になった状態で10秒間の脈拍を数えます。 (メモをしておくといいですよ)
  2. 次に起き上がってすぐの脈拍を同様に数えます。
  3. 1と2の数字それぞれに6を掛けて1分間分の脈拍数を算出します。

 

この結果、

1と2の1分間分の脈拍数の差が30以上ある

もしくは

き上がった時の脈拍数が少なくなる時には、自律神経失調症の可能性があります。

 

いかがでしょう。

 

では予防のために日常生活でどんなことを注意したらよいのでしょうか。

 

◆立ち眩みの予防◆

  1. 十分な睡眠をとること。(規則正しい生活リズムを作る)
  2. 早歩きや体操、水泳など軽い運動を毎日10~20分は続ける。
  3. 血液の循環を促す。 朝の入浴などもGood!
  4. 消化の良い食べ物を摂る。
  5. 急激な動作を避ける。(特に起床時など)

 

こうしてみますと、生活の乱れが自律神経の機能低下に直結していることがわかりますね。

まずは、生活習慣を見直すことが一番の近道のようです。

 

ただし、冒頭にも記しましたが、立ち眩みの原因は一つではありません。

重要な病気が起因している可能性もあります。

 

頻繁に引き起こされているなど、気になる方一度お医者様に診ていただくことをオススメいたします。

 

 

さて、全米オープンテニスもセカンドウィークに入っております。

昨晩のデルポトロvsティーム戦すごかったですねー

風邪(?)で発熱のデルポトロが2セットダウンからの大逆転勝利

ちょっと、いや大いに涙腺が刺激されましたよ 笑い泣き

 

最後まで諦めないことの大切さを学んだ一幕でした。

 

・・・今日は早く寝よ・・・

 

では、本日はこの辺で失礼いたします。

明日も笑顔でお過ごしください音譜

 

--------------------------------------------------------★

リラクゼーション工房Hana

住所 横浜市神奈川区子安通3-351-1-905

Mail  hanafuji0213+kobo@gmail.com

電話 050-5582-3985

営業時間 13:00~20:00(最終受付)

定休日   毎週火曜日

HP https://kobo-hana.jimdo.com 

ご予約はメールかコチラ!

★--------------------------------------------------------

ひどくなる前に。

こんにちは。

リラクゼーション工房Hanaです。

お元気ですか?

 

デスクワーク中心のお嬢様方におかれましては、肩こりでお悩みの方多いと思います。

 

肩は、不調を自覚しやすい場所ですね。

 

当店のボディリフレを受けに来る方も、肩こり解消のために来られる方が多いのですが、中にはかなり重症化している場合があります。

 

『重症化』の定義とは。

 

ご自身でも辛さはり感じられているのですが、そこまでひどくなっているとは認識されていないようです。

 

施術する側からの目安としまして、施術に対する受け手の反応の仕方があります。

 

お疲れ度合いに比例して反応の仕方が3段階あるように思うのです。

 

まず、施術を受けて「あー気持ちい~」は、ほぼ問題なし。

 

問題は・・・

 

1.軽い刺激(ほぼ触れる程度)でも痛くて悶絶

2.とにかく何をされてもくすぐったくて悶絶

3.何も感じない

 

 

そうなんです。

 

第一段階ぐらいはご想像通りと思いますが、不思議なことにひどくなるとくすぐったくなるらしいのですよ。

 

文字通り爆笑、悶絶してます。(笑)

 

ちなみにそういう方には、軽く叩くなどの方法でほぐしていきます。

 

そして、最終段階になると、「押されてるという感触しかない」という反応になります。

 

当然、感触はカッチカチです。

まるでコンクリートの壁に施術しているかのようです。

 

2~3の段階になりますと、一回の施術ではコリの解消まではなかなか辿り着けません。

 

また、セルフケアでなんとかなる範囲を超えていますので、こういう方々には何度か通っていただくことをご提案しています。

 

ここまでひどくなる前に対策してくださいね。

 

ちょっと辛いな~と感じた時の簡単なセルフケアをご紹介します。

 

肩が凝っている人は、実は脇も凝っています。

 

なぜなら、脇の筋肉は肩甲骨を中心にして肩の筋肉と一緒に動いているからです。

 

長時間肩甲骨を動かさなかったせいで滞留していた血流もリンパの流れも改善するので、コリに有効ですよ♪

 

では早速ケア方法を2つ。

 

1. 脇の下のくぼみに親指をいれ、残りの4本が背中側にくるようにします。親指と4本の指で背中側の脇の肉をつまんだら、親指を支点にするイメージで脇の肉を下に引っぱるように刺激してみてください。

 

2. 今度は4本指を脇の下に入れて親指が胸側にくるようにします。あとは1と同様につまんで下に引っ張ってみてください。

 

いかがですか? 簡単でしょ?

 

肩に疲れを感じた時以外にも風呂上りなど血行がいい時にやってみてください。

 

でも無理は禁物ビックリマーク

 

力任せにぐりぐり押してはいけません。

心地良さを感じる力加減がベストです。

 

是非日課にしてみてくださいね。

 

 

さー始まりましたね~全米オープンテニス。

かなりの主要選手が怪我で欠場となっているのがちょっと寂しいですが、今回もラファを全力応援いたします。

 

また寝不足です・・・

 

それでは皆様、

明日も笑顔でお過ごしください音譜

 

--------------------------------------------------------★

リラクゼーション工房Hana

住所 横浜市神奈川区子安通3-351-1-905

Mail  hanafuji0213+kobo@gmail.com

電話 050-5582-3985

営業時間 13:00~20:00(最終受付)

定休日   毎週火曜日

HP https://kobo-hana.jimdo.com 

ご予約はメールかコチラ!

★--------------------------------------------------------

人体の不思議。 -腰痛-

こんにちは。

リラクゼーション工房Hanaです。

お元気ですか?

 

気温が下がったり上がったりで、身体がついて行けませんね~

皆さま体調はいかがでしょうか。

 

先日、卒業したスクールでセミナーが行われたので出かけてきました。

今回のテーマはずばり「腰痛」。

 

ぎっくり腰、慢性腰痛への対策について学んできました。

 

お悩みの方、多いですよね。

かくいうワタクシもその一人です(笑)

 

手技など詳細につきましては、いつものことながら諸事情ありまして・・・

ここで書き連ねることはできませんが、効果的なワザを取得してきましたので楽しみにしていてくださいね~

 

ただ、腰痛に限らず、痛みやコリの原因は自覚していない箇所の疲れが大きくかかわっているのだということを、改めて強く認識することができました。

 

疲労を自覚できる部位というのは意外にも限られています。

頭、首、背中、腰、ふくらはぎ、足裏ぐらいでしょうか。

 

でも、自覚できていない周辺の部位も同じくらい、もしくはそれ以上に疲れているのです。

 

実際、

 

こんなところも関係あるのかしら?

 

というような箇所に施術することで、怖くてできなかった前屈や後屈がスムーズに、しかも深くできるようになってしまうから不思議です。

 

腰痛で一例を挙げますと、お尻やお腹です。

 

意外でしょー お腹。

 

でも整形外科に腰痛で行くと、とりあえずコルセットを渡されると思います。

 

コルセットは、主にお腹を支えるようにできていますね。

 

ということは、お腹の筋力が疲れて弱っているために支えが必要にな状態になっているのです。

 

腰痛の方で、お腹に触ると受け手もびっくりするほど痛みを感じることがあると思います。

 

ですが、ご安心ください。

 

自覚していただくために触れますが、直接施術はいたしません。

 

腹筋周りの疲れをほぐすには、これまた意外にも上腹部には脚、下腹部には腕への施術が有効なのです。

 

これは、なぜなのか

・・・についてはまだわかっていないそうです。

 

少なくとも西洋医学では説明がつかないのだとか。

 

人体って奥深いものだなぁと再認識させられました。

 

うーん早くお客様に施術して差し上げたいっ!

 

ということで

 

ただいまシンセティック・リフレのお客様

 

キラキラ絶賛募集中キラキラ

 

でございます。

 

ご予約お待ちしてまーす。

 

 

セミナー後は、二人一組になって学んだ手技で交代に施術し合うのですが、セラピストはお客様以上に腰痛・肩こりに悩まされているケースが多いのです。

 

だから、ほぼ全員あっちこっちガチガチ・・・

 

先生が各ベッドに見回りに来てくれるのですが、

 

いやーいい教材がそろってるね~

なんだか楽しくなってきた~♪

 

と、なぜか終始ご機嫌でした・・・

 

では今日はこの辺で失礼いたします。

 

おっと熱中症注意報出ました!

暑いですが笑顔で一日お過ごしいただけますように音譜 

--------------------------------------------------------★

リラクゼーション工房Hana

住所 横浜市神奈川区子安通3-351-1-905

Mail  hanafuji0213+kobo@gmail.com

電話 050-5582-3985

営業時間 13:00~20:00(最終受付)

定休日   毎週火曜日

HP https://kobo-hana.jimdo.com 

ご予約はメールかコチラ!

★--------------------------------------------------------

足裏は正直。

こんにちは。

リラクゼーション工房Hanaです。

お元気ですか?

 

横浜は昼間は割りといい天気だったのに、雷雨警報が出たと思ったら早速派手に始まりましたよ~

久々に大々的なピカゴロショー! 雷雷雷

 

家の中にいる分には雷見てるの好きなんですよね~

ハイ。変な人だとよく言われます・・・

 

さて、お盆もなんだか雨に降られているうちにあっという間に終了。

出勤しはじめている方も多いでしょうね。

お休み疲れしていませんか?

 

定休日に妹が来たのでリフレを受けました。

先日も話題にしましたが、妹はエステとリフレのお店をやっていましてソノ道ではワタクシよりも先輩です。

 

妹はいきなり施術を始めません。

足裏をしばし色々な角度から眺めて観察します。

 

先日、足裏が荒れるのは乾燥だけではないという記事(参照なにかのサイン。かも。)を書きましたが、身体に不調があるとその反射区の様子に現れるというのです。

 

例えば、

皮膚が荒れたり、シワが寄ったり、色がくすんでいたりなど、足裏全体の見た目がなんとなく元気がない印象になるんだそう。

 

 

 

さて、先ほどからワタクシの足裏も観察されています。

 

どんな様子か尋ねると

 

「土踏まずと親指にシワが出てるね。胃腸の免疫機能が低下しているみたい。あと、寝不足ね。」

 

ハイ。ご明察。

 

最近、デスクワークに没頭するあまり、午前2~3時ごろに就寝することが続いておりました。

胃腸の不調については自覚症状はないものの、寝不足と若干夏バテ気味であることから、機能が低下していることはうなづけます。

 

ちなみに、土踏まずには胃腸、親指には頭など首から上の反射区があります。

 

この部分にシワが出るということは、対応する内臓の機能が低下していることの現れなのです。

 

また、施術を始めた後も反射区への刺激だけでなく、足の硬さの感触も読み取ります。

 

足裏が硬い人は、血行が良くない傾向にあります。

腰痛、膝痛、むくみなどの不調を抱えている人が多いのです。

 

また、股関節や腹筋、延いては舌の動きにも悪さをするとも言われています。

 

人間の身体は、一枚皮で覆われていますので、どこがが硬くなると他のどこかが引っ張られて動きが悪くなったり、凝りや痛みなどが発生するのですね。

 

温めてよーくほぐしてあげてくださいね。

 

あ、足裏のケアもさることながら、自身の日頃の生活も見直すことが大前提ですよ。

 

そんなこんなで施術終了。

あーなんだか久々に本物のプロにやってもらった感じ。

(わが妹ながら)

 

満足満足ラブラブ

 

癒されるとともに、リフレクソロジーの奥深さも再認識した時間でありました。

 

話は変わりますが

ちょっとスポーツニュース見てない間に、ラファがマレーを抑えてランキング1位に返り咲くとのニュースビックリマークヤッタネ!

 

早く寝なければと思いつつ、もうじき全米オープンテニスが開幕。

生活習慣改めなきゃならないのにぃ~

 

明日はセミナーに参加するため臨時休業となります。

皆さまも充実した日曜日をお送りください。

もちろん笑顔で音譜

--------------------------------------------------------★

リラクゼーション工房Hana

住所 横浜市神奈川区子安通3-351-1-905

Mail  hanafuji0213+kobo@gmail.com

電話 050-5582-3985

営業時間 13:00~20:00(最終受付)

定休日   毎週火曜日

HP https://kobo-hana.jimdo.com 

ご予約はメールかコチラ!

★--------------------------------------------------------